本文

第1章「うわー」それは灰に他ならない

薄暗いときは東京放送TEB前港区東京都

中年の警備員が頭を上げ、高層ビルの隙間にある遠く??の空を見上げたところ、空は赤く、重なり合った雲は暗闇の中で少し暗く、紫色でした。

でも雲が濃い赤で夜は雨が降るかも?

しかし警備員にとっては雨は良いことであり、雨の日には人が少西安桑拿论坛なくなるでしょう。少し目をやった後、彼はそれを離れ、ゲートの前にあるセキュリティルームに戻ってペースを上げ、カップを手に取り、熱いお茶を一口飲んで、突然少し快適に感じました-彼は単なる小さな警備員でしたが、彼は自分自身を扱いました仕事はまだ非常に満足です。

現時点では、安定した正式な仕事をすることは、多くの人が求めることのできない美しいことです。

ほぼ3年前の1992年の初め、日本のバブル経済、つまり彼がまだ新聞から読んだ言葉が突然破裂し、土地や家は無価値になり、多くの企業が説明不能に破産しましたいくつかの銀行は閉鎖されており、一夜にして屋上にジャンプするために列を作る必要があり、公園は低迷するホーボーでいっぱいです。

そして今、ホームレスの数は減り始めているものの、経済は依然として低迷しており、企業のレイオフも日常化し、いわゆる大恐慌の時期となっており、まともな仕事を見つけることは非常に困難です。

良い時間は終わりました。

バブルが崩壊する前は、人が少なく、就職を急いでいた企業もあり、有名学校の卒業生が履歴書を提出したばかりで、大企業に騙されて温泉宿に泊まられたそうです。食べ物は美味しくて美味しかったです。

大手商社や銀行の正社員は一生の雇用契約をだまして他の会社に拉致されるのを恐れて、普通の社員でも毎晩酔っ払いの生活ができると聞いて安心です。 PRクラブの内外で、シャンパンは満員、ステーキは嘔吐、または

これを行わなくても:今月はおもてなしをしましたか?お客様との関係は良好ですか?

終了していません?無駄!やる気はありますか?

何?いつも日本酒を飲んで日本食を食べてもらうのに費用はかかりませんか?時代の流れについていけませんか?お客様や会社を侮辱していますか?!

今すぐ出て、再び招待して、世界一流の会社の勇気を思いついてください。

くそー、これらの新規参入者は前倒しに本当に欠けているので、彼らはどのようにアメリカを

Share